人気になる理由

競馬において、いまいち成績が振るわないにもかかわらず、高評価を得て毎回結構人気になる馬はいるものです。このような馬が出てくるのには理由があります。言われているのが「血統」です。

もっと知ろう

データを取る

「競馬は負けて当たり前」と思っている人はいませんでしょうか。たしかに平均控除率が25%ある競馬は勝ち難いものであるのは否めません。ですが、実際勝ち続けている人がいるのはたしかなのです。

もっと知ろう

初心者に最適

競馬に興味があるけれどこれまでやったことが無いので、予想の仕方がわからないという方もいます。そのような人におすすめなのが、インターネットの予想サイトの情報を参考にする方法です。

もっと知ろう

さらに楽しめる

高額馬券を当てる確率が高まるチャンス!よく当たる競馬予想サイトの最新情報を見れば、データを元に予想された各社の情報が一目で分かります。

競馬によって、たくさんの人が潤っている

今や競馬は、一大娯楽産業に発展しました。たくさんの人が、馬券を購入して楽しんでいるのです。但し競馬はギャンブルではありますが、それ以外でも寄与していることがたくさんあります。まず馬を育てるために牧場があります。この牧場は、特に北海道などにたくさんあります。牧場では、たくさんの人が働いており、雇用と言う面において大きな貢献をしているのです。このことは、大いに評価されるべきことです。さらに、競走馬を育成するための施設もたくさんあります。そこでもたくさんの人が働いており、そこで働いている人だけでなくその街の振興に役立っているのです。この振興と言う面からも、大変に評価されているのです。また、競馬関係で働いている人はたくさんいます。経済効果も相当なものです。その意味でも、大変に評価されています。このような面から見ても、今後も競馬に対する評価は下がることはありません。

意外と古い歴史がある

日本ではじめて馬券が購入できるようになったのは、桂太郎内閣の1905年のことです。しかし馬券が購入することが認められたのは、ギャンブル的な要素よりももっと別な思惑があったのです。それは、軍馬育成にありました。競馬が軍馬育成に一役買うという認識から、認められたのです。その後馬券の発売が禁止されたり紆余曲折がありながらも、1923年に再び馬券の発売が認められました。第二次大戦中は、馬券の発売は停止され能力検定競争という形で競馬が行われていました。そして終戦の翌年の1946年に競馬が再開されたのです。中央競馬がスタートしたのは、1954年になってからのことです。ですから中央競馬が発足されて、すでに60年以上の年月が経っているのです。